宅建主任者の資格を取得する?

宅建主任者は、毎年20万人以上の受験者を誇る人気の資格です。
正式名称は宅地建物取引主任者となり、宅建業を行う場所では5人に1人はこの宅建主任者を置く必要があります。
資格を取得した後は、不動産業界や金融企業、一般企業でも役に立つ資格となり転職や就職にも有利な資格となります。
また、宅建主任者の資格を取得した後は、司法書士や不動産鑑定士、土地家屋調査士、マンション管理士などの他の資格へのステップアップにもつながります。
これは、宅建主任者の資格の内容がこれらの資格と一部重なることもあるからなのです。
もちろん、他の資格の勉強も必要になるのですが、宅建主任者資格取得のために学んだ知識は他の試験勉強にも活かすことができるのです。
宅建主任者の資格ですが、受験資格はとくにありません。
そのため、誰でも受けることができる資格となっています。
下は14歳、上は90歳と幅広い年齢層がこの資格を取得しています。
宅建主任者試験で出題されている問題は過去問をアレンジしたものとなっています。
出題されている分野も決まっているので出題されている分野をピンポイントで学ぶことで短期間で合格することもできるのです。
宅建主任者のお仕事は、大きく分けて3つあります。
ひとつは、契約締結前に交付する書面への押印や記名。
ふたつめは、契約内容や建物概要、引渡し条件などの重要事項の説明。
みっつめは、契約締結後交付する契約書への記名、押印となります。
これらの業務を行うときなどは、必ず宅建主任者証を提示する必要があります。

資格を持っていない方がたまたま不在で、顧客に対して重要事項の説明をしなければならないとき、その場では資格を持っていない方が説明をするのですが、後日宅建主任者が直接説明をしなければなりません。
重要事項の説明とは、重要事項説明書といわれる書類に基づいて説明をしなければなりません。
宅建主任者は店舗や土地の売買だけではなく、マンションやアパートなどの賃貸の場合でも重要な役割を果たすのです。
マンションやアパートなどを借りたことがある方は、宅建主任者証を持った方が直接アパートやマンションの説明を行っていたという経験があるかもしれませんね。
宅建主任者は、不動産取引で契約をするときだけではなく、銀行や証券会社、保険会社でも必要な存在となります。
不動産を担保としてお金を融資するときに物件の評価をするのですが、ここで宅建主任者の知識が要されるのです。
宅建主任者は、とてもカッコイイ資格だと思います。
合格率は決して高いものではありませんが、独学でも取得できる資格になるので、ぜひこの機会に宅建主任者の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

お役立ちリンク、関連リンクです。

リフタージュ 購入
リフタージュの購入ならこちら。期待の美容成分プロテオグリカンとコラーゲンを配合した、年齢美容ドリンクです。毎日のハリのために、リフタージュでのケアを始めてみませんか?

お役立ちサイト・関連サイトの紹介です。

リフタージュの購入なら
リフタージュの購入ならこちら。期待の美容成分プロテオグリカンとコラーゲンを配合した、年齢美容ドリンクです。毎日のハリのために、リフタージュでのケアを始めてみませんか?